包茎・亀頭・陰茎増大術

包茎とは、普段亀頭が包皮に覆われている状態をいいます。
正常なペニスは常に亀頭が露出しています。

包茎の弊害色々

包茎の状態は、皆さんが自覚している以上に様々なハンデや問題点があります。

20代から30代の前半までは比較的に新陳代謝がよく、免疫力や抵抗力も強い為、これと言った重大な症状になることが少なくても、30代後半から40代、50代へと年齢が進むにつれ、中年から高齢になるに従い、皮膚疾患など様々な障害に陥ることが多いようです。

外見上のハンデ

  • 成人のペニスは「むけている」、子供のペニスは「かぶっている」という認識があるため幼稚に見え、自信が持てない。
  • 実際の大きさよりも小さく見えやすい。
  • ペニスの発育を阻害する。特に亀頭の発育を妨げているケースが多い。

SEXに関するハンデ

  • 亀頭がいつも包皮で保護されている(かぶっている)為、亀頭が刺激に弱く早漏になりやすい。
  • 包皮のダブツキが多く、ペニス自身が女性器へ与える摩擦が少ない為、女性が満足しづらい。

衛生上の問題と性病の関係

  • 包皮の内側が湿っぽく雑菌が繁殖しやすい。
  • 包皮炎、亀頭炎、尿道炎になりやすい。
  • 亀頭粘膜が弱い為粘膜感染しやすく、性病にかかりやすい。
  • 不衛生な状態で性行為を行うと女性の膣炎を誘発することがある。
  • 不潔になり易く、臭いが生じる。

包茎治療を行う上で大切なポイント

  • 院長自ら治療を担当し、アルバイトや専門外の医師が治療を行うことが無いこと。
  • ペニスの状態には個人差がかなりあります。しっかりとしたカウンセリングを受けることが必要です。
  • 担当医が医大時代に形成外科や一般外科、整形外科など外科系の診療科研修を終了しているか。
  • 治療後のアフターケアは万全か。
  • 治療前におけるカウンセリングに十分な時間を費やし、全て納得の上で治療に望めるか。
  • 病院のイメージではなく、担当する医師の信頼性を見極めること。

包茎の治療を受ける際のポイントは、手術の結果は担当医の技術で決まるということ。
大手のクリニックではアルバイトの医師や経験の浅い医師が治療に当たるケースが多く不安が残ることが多いようです。
当院では認定専門医の技術レベルを持つ院長自らが治療にあたりますので安心です。

包茎の種類について

仮性包茎

包皮口が広く、亀頭を露出することが安易です。包茎の程度は包皮の余り具合や亀頭の大きさ等によって様々です。

常に亀頭が包皮に覆われていたり勃起時に包皮がだぶついている為、不衛生になりやすく包皮に毛を巻き込んで包皮が切れたり、包皮炎や尿道炎等の泌尿器系の病気の原因になります。さらに、亀頭の発育も妨げられ先細りのペニスになりがちです。
また、外部からの刺激に弱く、早漏になりやすいといったデメリットもありますので早めの治療をお勧めします。

真性包茎

包皮口が非常に狭く、亀頭を露出することが全く出来ません。
そのため、亀頭の正常な発育が妨げられ先細りのペニスになってしまうばかりか、包皮の中に残尿や恥垢が溜まり悪臭を放ったり、炎症等が原因で包皮と亀頭が癒着してしまうこともあります。

さらに、正常なSEXが困難な場合や、うまくできても射精された精子が子宮までうまく運ばれない可能性が高く、子孫を残す機能が妨げられる事もしばしば・・・。一刻も早く治療を受けられることをお勧めいたします。

カントン包茎

包皮口が狭く、亀頭を露出することが困難です。
普段は包皮を剥くことができるが、勃起時には痛みを伴い包皮が剥けなかったり、無理をして亀頭を露出させようとすると、包皮が戻らなくなり亀頭周辺が腫れ上がってしまうことさえあります。

正常なSEXが困難な場合が多く、仮性・真性包茎同様のデメリットが多くあります。一刻も早く治療を受けられることをお勧めいたします。

ホウケイあなたは大丈夫?

  • 大衆でのサウナ、風呂に入る時気になる。
  • 他人の前では恥ずかしくて出せない。
  • 早漏気味である。
  • 毛を巻き込んで痛いことがある。
  • 性交渉時、皮膚が擦れて(切れて)痛い。
  • 悪臭がする(カスが溜まりやすい)。
  • 亀頭周辺にブツブツがある(性病)。

*以上のチェック項目のうち、一つでも思い当たる事がある方、お気軽にご相談下さい。

スキンケア式亀頭直下埋没法

患者さんが望む理想的な包茎手術は、傷跡が目立たなくキレイな仕上がりと手術中の痛みが少ないことです。

これを満たしてくれる手術方法が当クリニックで行う「スキンケア式亀頭直下埋没法」という、手術を受けたことが誰にも気付かれることの無い“デリケート”な治療方法です。傷跡は亀頭のくびれに隠れ、自然にムケた感じに仕上がります。治療時間は40分程度で終わりますし、術後すぐの帰宅も可能です。一生に一度の手術だけに、機能面を充実させ、どこよりも丁寧で自然な仕上がりを約束致します。

スキンケア式亀頭直下埋没法

アフターケアと注意点

手術後、約2週間ほどで縫い合わせた糸は自然に溶けてなくなります。この時既に表面的な傷は治っています。
手術後、約3週間~1ヵ月ほどでセックスができるようになります。この時傷は完治しています。

手術後の注意としては、患部を清潔にすること、一週間くらいはアルコール、激しい運動を避けるようにすることです。また、入浴は10日ほど避けるようにして、シャワー程度なら可能です。仕事上の支障はありませんので、その日から仕事も可能となります。
もちろん、術後のアフターケアは何度来院頂いても費用は一切かかりません。